からだ弱め×運動オンチだったヨガ講師の「とことん優しいヨガ」

ありのままの自分で人生が幸転する、ヨガのある暮らし

大晦日の夜、おやすみ前にやりたい「振り返り瞑想」

f:id:mok_nobinobi:20201231215705j:plain

 

こんばんは!気がつけばあと2時間ちょっとで新年を迎えますが、皆さんいかがお過ごしですか⁇

 

東京はキリッと寒く、月がとってもきれいな夜です🌖

 

わが家は外出を控えていることに加え、テレビを見ないため、本当にいつも通りの時間を過ごしていて…

 

そんないつもの暮らしの幸せを、しみじみ味わっていました*

 

そして、今書いているこのブログで108記事目という「大晦日シンクロ」に、一人で心が躍っているところです。笑

 

さて、今日は瞑想の時間を長めにとって、今年一年を振り返りました。

 

2020年は本当に臨機応変さや柔軟性が求められる一年だったように感じます。

 

そして人類全体が、想定外の経験を数多くしたのではないでしょうか。

 

その中では、2020年こそチャレンジしたいと思っていたことがあったのに、二の足を踏んだり。

 

計画がすべて白紙に、またはマイナスになってしまったこともあるかもしれませんね。。

 

また、ニューノーマルな暮らしがはじまったことで、無意識のうちに緊張状態が続いていたと思います。

 

そんな中、挫けそうになりながらも諦めずに、今日まで走り抜けてきました。

 

本当に本当に頑張りましたよね〜。

 

そんな息切れ気味な1年の締めくくりの今日、おやすみ前にぜひやっていただきたいことがあります。

 

お布団に入ったら、目をつぶってひと呼吸。

 

ゆったり呼吸をして心が落ち着いてきたら「よくやってきたね、お疲れさま。」と、自分へ労いの言葉をかけてあげましょう。

 

そして、さらに自分の内側に意識を向けていきます。

 

すると、

 

「つらかった。」

 

「恐かった。」

 

「疲れた。」

 

「来年はどうしたらいいの…」

 

という声や

 

「意外と楽しかった!」

 

「もっと頑張りたい!」

 

など、色々な声が聴こえてくるかもしれません。

 

どんな声も無視せず、ジャッジせず、かと言って過保護にすることもなく。

 

ただただ耳を傾けます。

 

そして「うん、そうだったね。」「辛かったね。」「楽しかったね。」とありのままの感情を受け止めてあげましょう。

 

その感情に気がついてあげるだけで、とても大きな癒しにつながります◎

 

自分自身で自分を認め、許してあげること。

 

これは誰かに評価されたり、ヒーリングを受けることよりも、ずっとずっと大切なことだったりするのです。

 

大晦日の今夜、ぜひ今年1年走り続けた自分の心の声に、ゆっくり耳を傾ける時間を作っていただけたら、と思います。

 

今年一年、お読みいただきありがとうございました♡

 

来年もどうぞよろしくお願いします!

 

皆さんにとって2021年が、豊かで軽やかな1年となりますように…

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

▼Tarite Mitite Yoga

私のヨガ教室「Tarire Mitite Yoga」。

✴︎2020年12月より、ヨガ×カウンセリングのスペシャルセッション「ライフデザインカウンセリング」がスタートしました!

また、現在2021年1月5日(火)開催の「ヨニケアレッスン」のお申し込み受付中。

教室のこと、レッスンのご案内はホームページをご覧ください。

 

>ホームページはこちら

 

 

▼無料のメールマガジン配信中!

ヨガの叡智をベースに、満ちて足りる暮らしのためのエッセンスをお届けします。最新のレッスンやワークショップのご案内も。

登録も解除もとっても簡単です(^^)

 

>ご登録はこちら

 
 

▼stand.fmで音声配信中!

音声配信アプリのstand.fmで「あの日、女の子だった私たちへ」というチャンネルをはじめました!

女性が豊かに、軽やかに生きるためのお話をお届けしています。

 

stand.fm