− Coto Mamma Life | Tatite Mitite Yoga −

子どもとパートナーとの、ほどほどナチュラルな暮らし。豊かに、そして軽やかに生きるためのヨガ。

5年間続けた「冷えとり」をやめて分かったこと

f:id:mok_nobinobi:20201209224139j:plain

 

今週に入ってから東京ではスッキリしないお天気が続いていて、とくに朝晩の寒さには体が固まりがち。

 

わが家は住まいがマンションの1Fということもあって、日中でもうっすら室内が冷えています。。

 

もともと手足が冷えやすい私は、5年に渡って「冷えとり」をしていました。

 

その間は一年中、靴下の重ね履きをしたり、白湯を飲んだり、食べ物に気をつけたり。

 

真夏でも靴下を履いているものだから、家族からは「また靴下はいてる!暑くないの!?」と言われ、私=靴下のイメージだったようです。笑

 

いまだに素足でサンダルを履くことはほとんどありませんが、靴下の重ねばきはやめました!

 

やめた理由は3つあります。

 

1つ目は、靴下をたくさん履いても足は冷たいままだったから。

 

2つ目は、ヨガや体を動かす機会が増えて、冷えを感じにくくなった。

 

そして3つ目は、娘がいつも裸足で気持ち良さそうだったからです!

 

そして、やめてみて思ったのは「やってもやらなくても、あまり変わらない!」ということ。

 

これは長年やってみた私の個人的な感想ですが、たくさん靴下を履いても、直接的な体の冷えの解消や体質改善は難しいのでは(?)と思います。

 

もちろん年中素足×ミニスカートで過ごされている方は、靴下やレギンスをおすすめします。

 

でもある程度冷えないように意識している方は、そんなに頑張らなくってもいいんじゃないかなぁ・・・と思っています。

 

あと、娘だけでなく子どもたちを見ていると、室内の場合はほとんど裸足なんですよね!

 

f:id:mok_nobinobi:20201209224112j:plain

 

床に触れた足の裏がひんやりしたり、何かを踏む時の感触が気持ちいいみたいです。

 

たしかに足の裏の感覚が刺激されることは、脳にとっても大切だと言われています。

 

そして娘の場合、足の裏は冷たいけれど体温は高く、本人も寒さを感じていないようです。

 

となると、単純に「足の冷え=体が冷えている」とは言えないような気がしますよね。

 

子どもと私では、年齢や代謝はもちろんのこと、1日の運動量も大きく違っています。

 

そのため、自分が心地よければ靴下を履くのもいいけれど、あわせて体を動かすことにも意識を向けてほしいな、と思います。

 

たとえばお家の中だったら、ヨガや軽いトレーニングをしてみたり。

 

いわゆる運動ではなくても、雑巾がけやお風呂そうじをしてみたり。

 

しっかり目に家事に取り組むだけでも、結構体がポカポカになります!(家が綺麗になるというメリットも◎)

 

あと、これからの季節、子どもとの公園遊びも辛いですよね。。

 

体を動かしている子どもたちは体がポッカポカのようで、なんなら半袖半ズボンの子もたくさん見かけます。(驚)

 

その点、見守り隊の私たちは小刻みに揺れてみたり、足踏みしてみたり。

 

でも、ただただ寒い〜!涙

 

そんなときは、子どもとがっつり遊んでしまうのがおすすめです!

 

芝生の広場で鬼ごっこや、バドミントンなどでも◎

 

本気でやると息が上がって、うっすら汗までかけちゃうほど!

 

それに、いつもは見守るだけの大人たちが一緒に遊び始めると、子どもたちはすごく嬉しいようです(^^)

 

もし長年「冷えをとり」を続けていてもイマイチ効果を感じていないのなら、日々のヨガや運動で冷えない体づくりをはじめてみませんか?

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

▼Tarite Mitite Yoga

私のヨガ教室「Tarire Mitite Yoga」。

✴︎2020年12月より、ヨガ×カウンセリングのスペシャルセッション「ライフデザインカウンセリング」がスタートしました!

 教室のこと、レッスンのご案内はホームページをご覧ください。

 

>ホームページはこちら

 

 

▼無料のメールマガジン配信中!

ヨガの叡智をベースに、満ちて足りる暮らしのためのエッセンスをお届けします。最新のレッスンやワークショップのご案内も。

登録も解除もとっても簡単です(^^)

 

>ご登録はこちら