− Coto Mamma Life −

子どもと夫と、ほどほどナチュラル志向に暮らす日々。何気ない毎日の中で見つけた大切なコト。

そのモヤモヤ感や三日坊主、アウトプット不足かも?学び続けるための大切なポイント

新生活の春、新しいことを始めたくなる季節ですね!資格取得のための勉強や、習い事探しをはじめた方もいるのではないでしょうか。

 

さて、仕事のスキルアップのための勉強や情報収集をする中で、頭打ち感を感じたり、急にやる気がなくなることはありませんか?

 

私は2〜3ヶ月に1回、この状態がやってきます。

 

はじめは、新たな知識の中に沢山の発見があってワクワクします!そして寝る間も惜しんで、本を読んだりブログを読んだり。手を替え品を替え、インプットに励みます。

 

そうこうしているうちに、だんだん知識を吸収できなくなって、学びの場から遠ざかってしまうのです。

 

こうなってしまうのは、ただ自分が飽きてしまったか、その学びのジャンルに向いていなかったのかな…と思っていました。

 

ですが先に結論を言ってしまうと、これはアウトプット不足が原因でした。

 

今回は私が体験を通して実感した、学び続けるためのアウトプットの必要性についてシェアします!

 

 

 

f:id:mok_nobinobi:20200417085420j:image

 

インプットには限界がある?

例えばスキルアップのためにビジネスの本を読んでいるとします。

 

とにかく知識を得たいと思うので、1冊読み終わったら次、さらに次とインプットに徹してしまいませんか?そしてなんとなく分かったような、スキルが上がったような気になります。

 

でも少し時間が経つと、本の内容を思い出せなかったり、スキルとして活用できていなかったり。

 

そしてスキルアップの意欲がなくなって、そのまま挫折なんてことも。

 

でも不思議なことに、私は学んだことをこのブログやnoteでアウトプットするようになってから、またインプットできるようになったのです。さらにスキルアップのモチベーションも持続するようになりました。

 

どうやら私たちのインプットの量には限界があるようです。そしてそのインプット量の制限は、アウトプットによってリセットされているのです。

 

知識を深め、自分のものにするために必要なこと

学生時代、友達や兄弟に勉強を教えたら、さらに理解できたという経験はありませんか?

 

これは知識や情報を自分の言葉で説明することで理解が深まり、自分に最適化した内容に変換することができるため。

 

私たちが外から得た知識を、自分のスキルとして活用するために必要なこと、それこそがアウトプットなのです。


どうやってアウトプットすればいい?

一番手軽なのは家族や友人に学んだ知識をシェアしてみること。

 

もしあなたがカウンセリングやアロマトリートメントの技術を学んだとしたら、身近な人にお願いして実践してみることを、おすすめします。

 

直接伝えることや実践することに抵抗がある場合は、ブログやnoteなどでご自身の学びをシェアしてみましょう!

 

この時、せっかく書くとなると反応が気になるのが人間というもの。

 

でも今回はインプットを深めることが目的なので、大切なのは読み手のことを考えて書く=アウトプットするということ。

 

「いいね!」やコメント数に一喜一憂せずに、続けていくことが大切です。

 


いかがでしたか?今回は学び続けるためのアウトプットの必要性をお伝えしました。

 

勉強が長続きしない、モチベーションが保てないという方は、ぜひこまめにアウトプットをしてみてくださいね!

 

 

−−−−−−−−−−−−−

 

▼Tarite Mitite Yoga

私のヨガ教室「Tarire Mitite Yoga」。

教室のこと、レッスンのご案内はホームページをご覧ください!

 

>ホームページはこちら

 

 

▼無料のメールマガジン配信中!

ヨガの叡智をベースに、満ちて足りる暮らしのためのエッセンスをお届けします。最新のレッスンやワークショップのご案内も。

登録も解除もとっても簡単です(^^)

 

>ご登録はこちら