− Coto Mamma Life −

子どもと夫と、ほどほどナチュラル志向に暮らす日々。何気ない毎日の中で見つけた大切なコト。

子どもの給食がカレーだった日の夕食に、カレーを作ってしまうのはなぜか?

f:id:mok_nobinobi:20200314121751j:plain

 

先日、仕事終わりに娘を迎えに行き、そのまま食材の買い物へ!

夕食に何を作るかは決めずに、野菜にお肉、おやつなどを買いました。

家に着いて、買ったものと冷蔵庫の食材をチェックしカレーを作ることに。

作っている間、5歳の娘は自分の好きな遊びをして過ごします。

 

ごはんを炊いて、カレーをぐつぐつ煮込んでいると「今日のご飯なにー?」と聞かれました。

「カレーだよ!」と答えると「ラーメンがよかった〜。」と一言。。

作っている側からすると腹立たしいですよね。笑

 

「え〜、もう作っちゃったよ。」と言いつつ、何気なく冷蔵庫に貼った給食の献立表を見ると…

「チキンカレー」と書かれていました!涙

そして私がいま作っているのも「チキンカレー」。

そりゃラーメン食べたいわねー。笑

 

これが一度目ではなく、今までに何度も起きているカレー重複事件。

しかも思い返してみると、私が子どもだった頃にも同様の出来事がありました。

そして周りのママ友にこの話をしても、ものすごく共感されます。

 

はは〜ん、歴史上繰り返されてきた人類全体の課題だな。(壮大なテーマ)

ということで、今日はなぜこのカレー重複事件が繰り返されるのか、自戒を込めて考えてみました!

 

 

1.給食と我が家のカレーサイクルが合っている?

給食では月に2回カレーの日があり、大体2週間おきになっています。

我が家は思い立った時に作り、頻度としては月に1〜2回程度。

そのサイクルがたまたま合ってしまっているのかも!?

でも不定期なのにタイミングが合いすぎることや、他のメニューはかぶらないことが気になります。

また、私以外にも同じ事件に遭遇する人がいることからも疑問が残ります。

 

2.カレーが好きな子どもたちの集合意識の影響

一体なんの話だと感じるかもしれませんが、これは可能性が高い気がしています!

娘に聞いたところ、給食のカレーは子どもたちに大・大・大人気。

そのため、たくさんの子どもの「わーい!カレーだー!!」という思いが、強い集合意識に。

そこに私や、世の中の夕ごはん作り隊メンバーがアクセスして、無意識にカレーを作っているのかもしれません!(え?)

もはや献立の重複ではなくシンクロとも言えます。

 

3.カレーの神様のいたずら

f:id:mok_nobinobi:20160213154226j:plain

今日は雨だったこともあって、ランチは近くで済ませようと外に出ました。

それなのにいざ歩きはじめたら、少し歩かなくてはならないインドカレー屋さんへ向かっていました!(驚)

また別の日にカレー以外にもメニューが沢山あるお店に行った際、悩んだ挙句カレーを選んでしまったり。

そう、なぜか私はカレー選んでしまうのです。

これはカレーの神様にカレーを選ばされているとしか思えません。

神の見えざる手!(一度言ってみたかった)

 

4.無類のカレー好き

お家カレーに欧風カレー、インドカレー。

スープカレーも美味しいですよね〜。

どれも違った味わいで、時々無性に食べたくなります。

そういえば学生時代、スープカレー屋さんでバイトをしていたこともあったなぁ。。

お察しの方もいるかと思いますが、私はカレーが大好きなのです。

 

解決策は?

1〜4までをまとめてみると、子どもたちも私もカレーが大好きで、そのカレーへの熱い想いが献立を重複させているようです。

ただ重複していても、我が家の場合は誰しもが美味しく食べちゃうんですよね!

そのため解決策もなにも、食べたい時にカレーを食べる。

これに尽きるのではないでしょうか!あとは献立表を見る、以上!

 

まとめ

今回はみんなのあるあるカレー重複、改めカレーシンクロ事件について考えてみました!

まだまだ不安に包まれやすい日々ですが、ほんのり真面目に考えたくだらなさを楽しんでいただけたら幸いです*

 

 

−−−−−−−−−−−−−

 

▼Tarite Mitite Yoga

私のヨガ教室「Tarire Mitite Yoga」。

教室のこと、レッスンのご案内はホームページをご覧ください!

 

>ホームページはこちら

 

 

▼無料のメールマガジン配信中!

ヨガの叡智をベースに、満ちて足りる暮らしのためのエッセンスをお届けします。最新のレッスンやワークショップのご案内も。

登録も解除もとっても簡単です(^^)

 

>ご登録はこちら