− Coto Mamma Life −

子どもと夫と、ほどほどナチュラル志向に暮らす日々。何気ない毎日の中で見つけた大切なコト。

インフルエンザ流行中!?風邪を予防する行動のまとめ

夏風邪が終息してホッとしたのも束の間、東京方面では早々とインフルエンザの流行情報が。。


まだ予防接種もはじまっていないというのに!!涙


あなたのお住いの地域ではいかがですか?


10月に一時的にグッと増えて一旦落ち着き、また冬に本格的に流行するのかな…と読んでいます。


今日は風邪の流行シーズンを前に、看護師の資格を持つ私が感染症予防のために心がけていることをご紹介します!



●人混みを避ける

→人混みは人が多いだけでなく、人との距離が近くなりがち。

通勤ラッシュなどは避けられませんが、子どもとのお出かけで大型商業施設などの人混みはなるべく避けるようにしています。



●児童館などの乳幼児が集まる場所に行くのはやめておく

→小さな子どもがいるとお世話になる児童館や子育て支援センター。

安心して子どもを遊ばせられるので助かりますよね!

でも…残念ながらウイルスの温床だったりするのです。。


なんでも口に入れる乳児さんや、手が汚れがちな子どもたちが触ったオモチャを、また他の子が口に入れる…と思うとちょっと怖くなっちゃいますかね!?


子ども時代は大事な免疫獲得期なので、むやみに心配して行動を制限するのは考えもの。


でもインフルエンザや胃腸炎の流行時期や、自身が夜間の授乳などで疲れていて免疫が落ちていそうな時には気をつけた方がベターです!



●外出先のオムツ交換台やトイレは要・要・要注意!

→オムツ期の子どもがいる場合、外出先でもオムツ替えが必要ですよね。


多くの人が使うオムツ替え台は、使い方によっては排泄物が付着してしまうことも。


除菌のウエットティッシュや手指用の消毒剤を持ち歩いているパパママも多いかもしれませんが、残念ながらノロウイルスには効かないんですよね。。


かと言ってオムツを替えないわけにもいきません。


こんな時おすすめなのが使い捨てのオムツ替えシート!


シートを敷くことで、赤ちゃんを直接オムツ替え台に寝かせなくて済み、使い捨てならオムツと一緒に捨てられて衛生的。


通常の防水タイプの布製シートは、持ち帰って洗わなければならず、ウイルスも一緒にお待ち帰りすることに。。


胃腸系の風邪が流行る時期だけでも、使い捨てのシートを使ってみてください*



●病院や薬局のキッズスペースでは遊ばない

→待合室にキッズスペースが完備されている小児科って多いですよね。


遊ぶ元気のあるお子さんなら、あのスペースに吸い込まれていくのではないでしょうか。笑


でもちょっと待ったー!!!


その絵本やおもちゃ、ぬいぐるみ、バイキンたっぷりかも。。


風邪などで具合の悪い子どもたちが、鼻水を垂らしながら、くしゃみをしながらそのおもちゃで遊んでいるわけで…


絵本は洗えませんし、よく置いてあるぬいぐるみも毎日洗っているとは思えません。


待ち時間をグズらずに過ごしてくれるのはありがたいのですが、そこで他の感染症をもらってしまう可能性も。


こっこちゃんも遊びたがることがありましたが「ここは具合が悪い人が来るところだからね、遊ばないよ」と伝え、座りながらできる手遊びやクイズをして過ごします。



●処方箋薬局に気をつける

→これは見落としがちなポイントだったりします。


例えばご自身は眼科を受診して処方箋で目薬をもらいたい時、処方箋薬局に行くとそこには様々な科を受診後の患者さんがいます。


また、病院のようにインフルエンザの患者さんを隔離したりはしないので、同じ空間で過ごすことに。。


薬ができるまで待ち時間もあり、滞在時間も長くなりがちなので、結構感染のリスクが高めの場所だと思います。


そのため元気な時には、薬を待つ間外出して、出来上がった頃に取りに行くようにしています。

具合の悪い子どもが一緒の場合はそうはいかないのですが、薬局の外で待ったりするのも一つの方法です。

また今はどこの病院の処方箋でも受け付けているという薬局が多いと思いますので、ドラッグストアーの中にある処方箋コーナーもおすすめ!

小さな処方箋薬局に比べて空間が広いので、他の患者さんと距離を取ることができます。

あと、待っている間に買い物ができるのも嬉しいポイントです!



いかがでしたか?

ちなみにこっこちゃんが1歳の冬、胃腸炎にかかって超絶大変だったのですが、前日に児童館に行きオムツ替えもしていました。。


今思うと、そりゃかかるわという感じです!(^ ^;)


でも同じ空間にいてかからない子もいるわけです。


どんなに頑張っても全ての風邪を防ぐことはできないので、「風邪をひく時はひく、ひかない時はひかない」と腹をくくった方が気が楽になります(^ ^)


とはいえ、わざわざ感染のリスクの高い行動を取る必要はないと思いますので、今年はマスクや手洗いに加えて、ご紹介したポイントを心がけてみてくださいね!