− Coto Mamma Life −

子どもと夫と、ほどほどナチュラル志向に暮らす日々。何気ない毎日の中で見つけた大切なコト。

イヤリングの片っぽちゃん、旅に出る

学生時代ピアスをあけたのですが、金属アレルギーで大変なことに。。

(病院で+18金でもダメでした。) 

 

その後イヤリングをつけてみるも、やっぱりアレルギーが出てしまい諦めていました。

でもでも、つい最近こんなタイプのイヤリングを発見!!

 

f:id:mok_nobinobi:20190925193520j:plain

 

「ノンホールピアス(樹脂タイプ)」で、私が知らなかっただけで、だいぶ前からあったのかもしれませんね。

 

着けられないものだと思っていると、買い物をしていても目に止めないので気がつきませんでした。

 

試しに買って着けてみると…

アレルギー症状は出ないし痛くもならない〜!!涙

諦めていたことができるようになるって、本当に嬉しい。

 

それ以来、同じタイプのイヤリングを見つけて、少しずつバリエーションも増えてきました。

 

ただ、楽しいイヤリングライフにも1つ大きな悩みが。

 

それは、お気に入りに限って片っぽが失くなってしまうこと。

 

お気に入りだから着ける頻度が高く、当然失くなるリスクも高まりますよね。

   

つい最近も、旅行先でとうちゃんに買ってもらった水引きモチーフのイヤリングが、2週間ほどで紛失。。 

(上の写真がそのもう片方です、心なしか寂しそうに見えてくる。)


f:id:mok_nobinobi:20190925201133j:plain

 

片っぽちゃーーん!!!涙

 

みなさんは片っぽになったイヤリングやピアスってどうしてるのでしょうか??

 

もし買った場所が近くだったら、もう一度買う?

でもそうすると1つ余りますよね?あ、これならもう一回紛失できますね!(こういうこと言ってるから失くなる。笑)

 

もうこうなったら、自分で作ろうかと思って!!

失くしても片方だけ作れるし、自分に合わせたアレルギー対応もできる。

 

手間はかかるけど、細々したものづくりは好きなので出来そうな予感! 

(こっこちゃんに邪魔されなければ。笑)

 

作る気持ちが湧いてくると、物の見方がガラリと変わってきます。

 

このパーツはなんだろう?とか、どうやってくっついているんだろう?とか気になり、色々なお店をリサーチ。

 

値の張るものは、やっぱり素材がしっかりしている印象です。

 

まずは自分用なので気張らず製作をスタートさせたいと思います!

 

これまでの経験上、パーツ集めで満足しちゃうタイプなので、今回はちゃんと完成させることを目標に頑張ります。笑