− Coto Mamma Life −

子どもと夫と、ほどほどナチュラル志向に暮らす日々。何気ない毎日の中で見つけた大切なコト。

ずーっと受け入れられなかったこと

私は子どもの頃ドラえもんが本当に本当に大好きでした。


映画は何度も繰り返し観て、セリフを覚えているほど!笑


でも何年か前に声優さんと絵のタッチが変わってから、観られなくなってしまいました。

(つい先日、クレヨンしんちゃんの声も変わったことを知って驚きました!)


なんだか大切な世界を壊されてしまったような気持ちで。。


変わったのは4〜5年ぐらい前かな?と思っていたら、なんともう14年も前なんですって!!!


驚愕です!!!


そんなに長い間、私は新しいドラえもんを受け入れられなかったなんて。。


娘のこっこちゃんは古いドラえもんも新しいドラえもんもどちらも観ているのですが、なーーんにも抵抗がないんです!(驚)


声や絵が違うのは分かっているようなのですが、どちらも楽しんでいる様子。


どうしてなのでしょう?


古いドラえもんとの付き合いの長さの違い?


私はあのドラえもんと大人になったような感じで、長ーいお付き合い。


こっこちゃんがドラえもんに出会ったのは2年ほど前。古いドラえもんからでした。


昔の映画を一緒に観たのですが、テレビでは新しいドラえもんがやっているので、どちらの世界にも触れていました。


だからお付き合いとしてはどちらも同じぐらいで、「切り替わった感」がなく、同じドラえもんだけど、違う作品として観ているのかもしれません。


私の場合は「切り替わった感」が強くて、子どもの頃に見ていたドラえもんと今のドラえもんを比べて、違いを感じてしまうから、切ない気持ちになるんですよね。。


だから、ドラえもんが変わったことを無理やり受け入れる必要なんてなくて、別の物語として受け取ればよかったんだ!と思いました。


だって古いドラえもんの世界は何も変わらずそこにあって、新しいドラえもんという別の世界もある。


それでいいんだなぁーって。


そう思ったら、新しいドラえもんへの抵抗感がグッと薄まり、14年越しに和解ができたような気持ちです!(ものすごく一方的に。笑)


ドラえもんとクレヨンしんちゃん、金曜日の放送からお引越しするみたいですね!


これからもこっこちゃんと一緒に楽しみにしたいと思います(^ ^)