− Coto Mamma Life −

子どもと夫と、ほどほどナチュラル志向に暮らす日々。何気ない毎日の中で見つけた大切なコト。

気が乗らないお誘い、どうしてる?

仕事上でもプライベートでも、どうしても気が乗らないお誘いってありますよね。

例えば、仕事だと歓送迎会などの飲み会や社員旅行(今でもありますかね?)。

プライベートでいうと、そんなに親しかった覚えのない友人の結婚式や、同窓会など。。

こういったお誘いの時、みなさんはどうしていますか?

仕事の延長だから行く?

結婚式を欠席するなんて失礼だから迷わず出席する?

私の場合、以前はできる限り予定を調整して出席していました。

今はというと…
気が乗らない時は結構お断りしています。

それは結婚式であってもです。
もし親しい友人で、どうしても都合が合わずに欠席の場合は後日改めてお祝いを贈っています。

あまり親しくない友人の場合、欠席のハガキにお詫びとお祝いの言葉を添えるだけ。

そもそもなんで結婚式は招待されたら絶対参加みたいな雰囲気があるのでしょうね。。(もしかして、そう思っていたのは私だけかも!?)

お祝いの席と言えど、それぞれ予定や事情もあるでしょうから、必ずしも出席できるとは限りません。

私の場合、招待した方から欠席のお返事をいただいても全く気にならないタイプです。

それは結婚式に限らず、普段のお誘いも同じで、断られても「そっか!また誘う〜!」としか思いません。

でも誘われた側としては、
「断ったら嫌われちゃうかも。」
「行かなかったら非常識だと思われる。」
そんな風に思うこともあるのではないでしょうか。

気が乗らないのに行ったとして、たまに「意外と楽しかった!」なんてこともあります。これはラッキー!

でも「家で寝てたほうがよかった。。」と思ったこともしばしば。

これって、心の底からもったいない時間だったと思います。

誰かの目や評価なんて気にしないで素直に家で寝ていればよかったんですよね。

そしてその気乗りしない雰囲気は、隠しても隠しきれないもので、多少なりとも相手にも伝わっていくものです。

それだったら最初からお断りした方が、よっぽどお互い心地いいと思うんです。

私は大事な時間を、やりたいことや本当に大切な人と過ごすことに使いたい、心からそう思います!

困ったことに他人からの評価の言葉は自分の心の声よりも大きく、そして強く聞こえがち。

だからこそ自分の感覚を大切にして、心の声に耳を澄ましてあげなければ、と思っています。



と言いつつも、近々ある会社の飲み会をどうしようか、まだ悩んでいるところなのでした。笑

そろそろ腹をくくって、断ろう!!!